温泉寺薬師堂見学

総合ビジネス学科は5月15日(火)に城崎温泉現地調査を行いました。

これは、総合ビジネス学科の特徴的科目である「観光概論」の授業の一環として、城崎温泉の観光プラン作りのために行う現地調査ですが、同時に温泉寺を見学することで城崎温泉の成り立ちについての知識や理解を深めることも目的としています。

1 観光概論 5月15日(火) スケジュール

  • 9:10 集合・ガイダンス  <JR城崎温泉駅>
  • 9:40 ロープウェイ駅着
  • 10:50 山頂駅着 周辺を散策
  • 10:35 温泉寺駅着 温泉寺本堂見学(小川講師)
  • 11:10 下山開始
  • 11:20 温泉寺薬師堂見学(小川講師)
  • 11:40 現地調査ガイダンス  <温泉寺薬師堂前>
  • 11:50 現地調査開始(グループ別行動)
  • 15:45 現地調査終了・まとめ  <駅舎温泉 さとの湯>
  • 16:00 解散

2 講師

  • コムサポートオフィス代表 今井 裕子 氏 (和歌山大学国際観光学研究センター客員研究員)
  • 末代山温泉寺住職 小川 祐章 氏

3 現地調査グループ担当(4名)

  • 今井講師、栂井副校長、富田・橋本(総合ビジネス学科指導員)

4 総合ビジネス学科について

  • 事務系の高卒1年課程。定員20名。
  • 平成29年度(新設)就職率100%。平成30年度(2期目)入校率100%。
  • PCスキルやビジネス、秘書業務など事務職に必要な知識や技能・技術の基礎を習得すると同時に、地域や観光についても学習することによって、地域のあらゆる企業や団体で活躍できる事務職を目指します。
  • 学生数20名(高校新卒17名)。男子12名、女子8名。豊岡市出身15名、養父市出身1名、朝来市出身1名、京都府出身3名。

(注) 当日の様子はFacebookページのアルバム「総合ビジネス学科 観光概論(城崎温泉現地調査)」でご覧ください。

Categories: News